機械式時計はゼンマイ仕掛け!電池が要らない腕時計なんてあるの?

電池交換不要の腕時計

腕時計の多くは電池交換が必要になりますが、腕時計を動かすのに何故電池が必要なのか不思議に感じている人も多いのではないでしょうか。電池交換が必要な腕時計は水晶振動子の発信周波数に応じて内部の歯車などを回して時刻を表示する事が出来るようになっています。水晶振動子は電力を与える事で一定の周期で発信する仕組みになっている電子部品の一つであり、クォーツ時計と呼ばれている腕時計の内部には必ず水晶振動子が内蔵されていると言う事なのです。

従来の腕時計は電池を使わない機械式時計

現在の腕時計はウォーツ式腕時計が主流になっています。正確な時刻を表示してくれること、電池の寿命が切れるまでの間、特別な事をしなくても時間を刻み続けてくれるなどの特徴があります。1度電池交換をすれば数年間はそのまま使い続ける事が出来る、高級腕時計などの場合は1年間に1秒程度しか狂わない優れた製品もあります。しかし、昔の腕時計は現代のようなウォーツ式ではなくゼンマイを利用した機械式時計であり、ゼンマイが持つ性質を利用した腕時計でした。

ゼンマイの戻る力を利用したものが機械式時計

機械式時計はメカニカルな腕時計でも注目を集めていますが、メカニカルと呼ばれているのは内部に在るゼンマイが動作するからで、ゼンマイは巻き上げた後に元の状態に戻ろうとする性質があり、この性質を利用して内部に在る大小様々な歯車を回して時刻を表示する事が出来ると言う事です。ゼンマイが在る程度元の状に戻ると時間が狂う事もありますが、ゼンマイを巻き上げてあげれば大丈夫です。アンティーク時計などに多く見られるのが特徴で、昔ながらの腕時計を使いたい人などに人気がありますね。

ブシュロンはフランスでハイクラスな宝飾品、腕時計やフレグランスなどを手がける老舗ブランドです。有名人の着用者も多数です。